シャングリランズ

Crystal Art #001

縄文時計Ⅰ ~ 太陽と月と大地の鼓動を感じる ~

縄文のひとびとは、

いまのわたしたちのような時間軸を生きてはいませんでした。


風の音に時の過ぎる速度を感じ、

太陽の光が生み出す変幻自在な色彩に季節の

細やかな変化を見つめていました。

時は、ただ流れて過ぎ去っていくものではなく

一人ひとりの生命のリズムとともに

つねに循環し、ときには走るように流れ、

ときにうたた寝をするように

静まり返る。


つねに同じリズムで時を刻むわたしたちの

時間軸とは真逆の

豊かな螺旋とループを描く

多様な次元なのです。


単調で直線的な時間の追いかけっこに

疲れたならば、

縄文の時の流れを

取り戻してください。


この作品を

しばらく見つめて

静かに目を閉じた時

あなたのハートは

きっと、遠い過去生で体験したはずの

「縄文のときの流れ」を

思い出すでしょう。


☆年内個展販売予定