シャングリランズ

牡牛座天王星時代 - 人生のファンタスティック・ボヤージュへと出航

ことしに入ってから

抗うことのできない大きな変容の波のなかにいます。

わたしは時代、天体、そして意識の潮流の変化のエネルギーにとても敏感に反応するタイプらしく、

いままで生きてきた56年間の人生のなかで

それまでの生き方、仕事、関係性が根底からひっくり返ってしまうような、、

「ちゃぶ台返し」的な変化を何回も体験しています。

 

今回の変化もその「ちゃぶ台返し」が起こりました。

よって、2018という年は

わたしの「ちゃぶ台返し」の歴史に刻印される一年となりそうです。

 

この原稿は5月15日の午前中に書いています。

今夜、天体模様は牡牛座での新月を迎え、その3時間後くらいには7年間、

牡羊座にあった天王星が牡牛座へと移動します。

天王星が牡牛座に入るのは80数年ぶりということで、

前回の牡牛座天王星時代には第二次大戦が起こり、

日本は軍国化路線に本格的に入った時代。

しかし、今回のシフトでは

前回のような戦争モードではないでしょう。

とりあえず人類は世界中で流しつづけてきた

大量の血の、その何分の一の質量に相当する「学び」は納めることができた、、、

ということでしょうか。

とは言うものの、それでも懲りずに

子どもが弄ぶピストルのような幼稚な意識レベルで

大量殺戮兵器を消費しながらの局地的殺戮と文明と自然環境の破壊はしばらくはつづくでしょうが・・・。

 

では今回の牡牛座天王星時代はどんな物理的変化が起こるのでしょう。

それは個人から地域、国家、組織に至るまで

過去の体験による陰陽両サイドにおける蓄積、遺産を篩い分けし、

次の時代、次の人類文明への創造と構築のためのエッセンスとなるものだけを残して

あとは捨て去って行くという流れに入っているのだと思います。

 

当然、この天体の影響をわたしはもろに受けていて、

いままでずっと体験し、学んできた叡智の中で必要なものだけを選別し、

すでにいらなくなったものは捨て去る。

そして、もっとも大切なエッセンスを

よりじぶんのライフパーパス に即したかたち、ベクトルへとリデザイン、

リメイクしていく・・・というよりも・・・、

メタモルフォーゼしていく流れに完全に入っています。

 

その最初の具体化として、

わたしのクリスタルワーカー、クリスタルグリッド・アーティストとしての

オフィシャルサイトを立ち上げました。

 🌟🌟🌟🌟 シャングリランズ  shangrilans  🌟🌟🌟🌟
        http://shangrilans.com

このあたらしいブログ「シャンバラの鉱物術師」もそのサイト内にあります。

この巨大なメタモルフォーゼのプロセスは

まさに「意識のアセンション」であるとわたしは読んでいますが、

「意識のアセンション」と一言で言っても

それが具体的にわたしたちの人生、生活、社会をどう変えていくのかが

まだほとんどのひとにはっきりと理解されていません。

 

なので、このブログのまず第一回目の記事の後半では

そのあたりのことを

わたし自身が理解し、体験し、これから具体化して行こうとしていることを通して

お伝えしたいと思います。